責任ある資源調達

責任ある資源調達

倫理的取引

ステラ マッカートニーはEthical Trading Initiative(以下、ETI)に加盟しています。ETIは企業、ボランティア団体や労働組合が参加する同盟で、力を合わせて労働状況の改善のために活動しています。

私たちはすべての労働者が搾取や差別から解放され、自由と安全、公正が保証された環境下で働ける世界を実現するというETIのビジョンを共有しています。

私たちはすべての既製服やシューズ、バッグをヨーロッパで製造しています。なかでも、イタリアは素材の調達から製造に至るまで私たちにとって最も重要な国の一つです。

私たちはサプライ・チェーン全体で安全かつ公平な労働環境を確立し、自らの製品が公正な手段で製造されていることを保証します。また、サプライヤーと長きにわたる信頼関係を築き、彼らもまた私たちのビジョンを共有してくれているものと確信しています。

サプライ・チェーンにおける倫理的取引の推進に加えて、複数のプロジェクトに取り組んでいます。その一つがケニアにおけるプログラムで、国連国際貿易センター エシカル・ファッション イニシアチブを通じてバッグを製作しています。この取り組みは世界で最も貧しい地域に住む人々とファッションによるバリューチェーンを結び付け、双方にとって有益な関係を構築するというものです。これにより、優れた職人や小規模な製造会社からなるコミュニティ(大半が女性)が生まれ、ファッション業界と共に成長しています。さらに、この取り組みは現地の創造力を高め、女性の雇用や社会的地位の向上を推進し、貧困を削減、男女平等を推進しています。この取り組みを通じて、これまで極めて貧しい状況で暮らしていた何千もの人々が職を得ています。

責任ある資源調達

レザー、ファー、スキンを使用しない

ステラ マッカートニーはベジタリアンな企業であり、私たちの製品には、レザー、ファー、エキゾチックスキンやフェザーを使用しておりません。 また、シューズやバッグにも動物由来の成分の糊を使用しておりません。

動物実験を行わない

ステラ マッカートニーの製品には、動物実験が一切行われていません。私たちのフレグランスは、ステラ マッカートニーのビューティープロダクトのライセンシーであるCOTYが製造しています。私たちは厳格で理にかなった契約を尊重しています。すべてのステラ マッカートニーのフレグランスはビーガン(完全菜食主義者)に優しく作られており、動物実験やハチを含む動物由来の成分は使用しておりません。

私たちは、動物実験に関する私たちの理念を遵守しています。そのため、政府によって動物実験が必須とされている中国ではフレグランスを販売していません。こうした価値観をCOTYの他のフレグランスのライセンシーにも促進することで、私たちに続いて、動物実験を行わないと言ってもらえることを望んでいます。

ポリ塩化ビニルの不使用

2008年より、製品からポリ塩化ビニルの量を減らし続け、2010年からは、Stella McCartneyの全製品にポリ塩化ビニルは使われていません。ステラ マッカートニーの製品だけにとどまらず、adidas by Stella McCartneyのすべてのアイテムにも、ポリ塩化ビニルは使われていません。

アンゴラの不使用

2013年、アンゴラウサギの窮状を明らかにした動物愛護団体PETAの取り組みに賛同し、今後、Stella McCartneyの製品にアンゴラを使わないことを決めました。2013年秋以降、全ての製品にアンゴラは使用しておらず、今後も続けていきます。

サンドブラスティング

私たちの製品に使われているデニムはサンドブラスティングのプロセスを通っていません。サンドブラスティングは、デニムに履き古された加工を施すことができる技術です。しかし、サンドブラスティングのプロセスは、これを行う労働者に致命的な肺の病気を引き起こすことから、私たちはサンドブラスティングを使わないのです。Stella McCartneyでこうした加工のあるデニムは、労働者に安全な方法で行われています

読み込む記事がありません